障害者職業総合センター
 
 

課題領域名:障害者労働市場における事業主ニーズ等の把握
定義:労働者に対する企業の要求水準の把握を主たる目的とした研究課題

報告書等 発行年月 タイトル 研究課題 研究課題の参照記述文
調査研究報告書No.7 1995年3月 重度障害者の総合的就労支援技術の開発―その1― 職種別の職務遂行に必要な能力の把握 さまざまな職種においてコンピュータを利用した職務が多くなってきた。こうした機器開発を行うためには、職種や障害によって異なるニーズを把握する必要がある。そこで、近年、大幅に変化した職務の内容を再調査した。
調査研究報告書No.27 1998年7月 障害の多様化等に対応する職業探索システム等の開発に関する研究−その2−職務調査結果の分析と職業を概説するサブプログラムの具体化 職務の特徴と職務遂行に必要な能力の整理 色々な業種の色々な職務について、職務の内容、特徴、職務遂行に必要な特質等をコンピュータ画面に示しながら職業カウンセリングを行える方法は極めて有効と考えられる。…本システムで利用するために事業所調査によって職務情報を収集しデータベース化することが必要であると考えた。
調査研究報告書No.55 2003年9月 多様な発達障害を有する者への職場適応及び就業支援技法に関する研究 職場で要求されるセルフマネージメント能力の把握 ①個々の支援状況を事業主から見た行動パターンを中心にセルフマネージメント・レベルで分類すること、②環境から求められているセルフマネージメント・レベルと対象者の達成しているセルフマネージメント・レベルの発達状況を比較検討し、対象者の現状と環境(職場)で求められるセルフマネージメント能力の違いと、職業リハビリテーションの過程による改善状況について分析・検討することを目的とした。
調査研究報告書No.101 2011年3月 発達障害者の企業における就労・定着支援の現状と課題に関する基礎的研究 新入社員に対するコミュニケーションとビジネスマナーの評価基準の実態把握 企業が重視する採用要件であり、かつ、発達障害のあるものにとって支援の課題となる「コミュニケーション」と「ビジネスマナー」に焦点をあて、新入社員を対象とした企業の雇用管理について現状を把握することとした。
調査研究報告書No.2 1993年3月 弱視者の読みと事務的職業 事務系職種で要求される読み能力の把握 職務分析の結果を基にして、事務的職業の特性を詳細に検討する。
身体障害
調査研究報告書No.2 1993年3月 弱視者の読みと事務的職業 事務系職種に就く弱視者に要求される読み能力の把握 弱視者が就業している事例について、そこで要請される読みの能力を特定化する。

NIVR