スモン  調査結果 

英語名 Subacute Myelo-Optico-Neuropathy
略称 SMON
区分 治療対象
就労実態情報 今回調査実施
日本の患者数 1894
程度判定基準の有無 なし
病気の内容 脊髄、末梢神経、視神経の中毒性病変
サブタイプ
病因 キノホルム(整腸剤)による中毒性神経疾患。1970年のキノホルム使用禁止により、新規発症がなくなった。
性差 ほとんど性差なし
発病年齢 年齢による特徴なし
予後 知覚障害、視力障害は後遺症として残るが、運動障害や筋力低下は一般に改善する傾向がある
生存率 死亡例は少ない
入院の必要 入院の必要なし
就労の条件 重度以外は条件によって可能。
視力障害 重症例にのみ見られる。最重度では失明に至る。
下肢障害 最重度では下肢不動
歩行能力 下肢筋力低下、歩行時・階段昇降時の障害がある場合
膀胱障害 重症例で排尿障害や尿失禁がみられる
直腸障害 重症例で排便障害がみられる
知覚異常 下肢中心のジンジンする痛み、締め付けられる感覚等
精神神経症状 痴呆症の発症が低い。(一過性に意識障害、痙攣、注意力散漫、不眠、構音障害等)
長時間の正座や起立 初期には下肢を安静にする
過労 症状の一時的な増悪につながる

一覧に戻る


ユニバーサル・ワーク・データベース(UWDB)