強皮症 調査結果 

英語名 Deffuse Scleroderma (Progressive Systemic Sclerosis)
略称 PSS
区分 治療対象
就労実態情報 就労関連情報なし
日本の患者数 22625
程度判定基準の有無 4段階の生活指導の手引き。治療の目安としての重症度分類(軽度、中等度、重症)
病気の内容 全身の諸臓器の皮膚の硬化。手指、手、足、まぶたのむくみから硬化へと進み、内臓も硬化する。
サブタイプ
病因 (原因不明)
性差 女性が4〜9倍
発病年齢 35〜54歳(20歳〜40歳)
予後 進行性(死なないが慢性化する)
生存率 5年生存率93.7%、10年生存率82.0%。
入院の必要 発熱や漿膜炎など炎症症状が強い場合、重度の場合
就労の条件 全身性炎症のない中度は軽勤務、軽度はレイノー症状を誘発する職場(寒冷環境)以外は可
上肢障害 指関節から、前腕、上腕、前胸部へと屈曲強縮
下肢障害 足指から足関節、下腿へと屈曲強縮
循環器症状 心筋の繊維化がみられる
じん臓症状 まれに腎不全
呼吸器症状 息切れ、咳(50〜70%)
直腸障害 便秘がみられることがある(薬で治る)
消化器症状 嚥下障害、胸やけ、げっぷ
皮膚 レイノー現象。指尖に始まり(強皮症)、前腕、全身の硬化へと進行する。
知覚異常 冷感、痛み(レイノー症状)
寒冷 指先に難治性の潰瘍を起こす。寒さや冷えを避ける。
労働時間制限 疲労感の程度と発現時間にしたがって安静時間を決める
過労 易疲労がみられることがある。
注意事項 仮面様顔貌となる。

一覧に戻る


ユニバーサル・ワーク・データベース(UWDB)