悪性関節リウマチ 

英語名 Malignant Rheumatoid Arthritis
略称 MRA
区分 治療対象
就労実態情報 患者団体の調査
日本の患者数 5019
程度判定基準の有無 なし
病気の内容 壊死性血管炎による内臓障害を伴った慢性関節リウマチ。
サブタイプ
病因 (原因不明)
性差 女性が2倍
発病年齢 50歳代にピーク
予後 1年後に死亡34%、悪化32%、寛解16%
生存率 30〜20%
入院の必要 臥床安静のため症状の観察によって決める
就労の条件 原則的には不可(保温、安静、臥床が原則)
上肢障害 関節・骨の異常(100%)
下肢障害 関節・骨の異常(100%)
循環器症状 心筋炎、心嚢炎(20-30%)
呼吸器症状 肺臓炎(50%)
消化器症状 腸梗塞、イレウス症状があることがある
皮膚 皮下結節(60%)、紫斑(50%)、潰瘍(20%)
全身症状 高熱、全身衰弱(70%)
知覚異常 神経炎による知覚異常
寒冷 寒冷や湿気に注意
身体活動 安静が中心だが、適度な運動が必要。階段は負担になる。
過労 避ける
精神的ストレス 重症感を有するので不安や抑うつ気分に対するケアに注意

一覧に戻る


ユニバーサル・ワーク・データベース(UWDB)