ハンチントン舞踏病 

英語名 Huntington's Chorea
略称
区分 治療対象
就労実態情報 就労関連情報なし
日本の患者数 437
程度判定基準の有無 なし
病気の内容 大脳基底核の細胞萎縮による神経変性疾患。
サブタイプ
病因 常染色体優性遺伝
性差 男女差なし
発病年齢 40歳前後がピーク
予後 10〜15年で感染症、嚥下困難に伴う呼吸障害などで死亡する例が多い。
生存率 発症からほぼ10年以内で死亡
入院の必要 入院の必要なし
就労の条件 原則的に可だが、障害により業務制限の可能性。
言語症状 言語障害(経過とともに)
食事の障害 嚥下障害
上肢障害 随意運動の障害(経過とともに)
下肢障害 随意運動の障害(経過とともに)
運動神経系 舞踏運動、速い不随意運動
運動失調 随意運動の障害(経過とともに)
精神神経症状 計算力、判断力の低下、記銘力障害、痴呆(末期)、感情の易変性、易刺激性、怒りっぽい、自発力低下(進行)、無関心(進行)
精神的ストレス 易興奮性、易刺激性あり

一覧に戻る


ユニバーサル・ワーク・データベース(UWDB)