シャイ・ドレーガー症候群 

英語名 Shy-Drager Syndrome
略称
区分 治療対象
就労実態情報 就労関連情報なし
日本の患者数 478
程度判定基準の有無 3段階の生活指導の手引き
病気の内容 自律神経系の変性、萎縮病変による起立性低血圧、陰縮、失禁、発汗減少など。
サブタイプ
病因 (原因不明)
性差 男が3〜5倍
発病年齢 40〜60歳
予後 起立性低血圧のため寝たきりになる。10年以内に予後不良(死亡)となることが多い
生存率 10年以内に死亡
入院の必要 高度の小脳症状、言語障害、パーキンソン症状が高度で起立、歩行が全く不能なもの
就労の条件 経過観察による(軽作業が限界)
めまい 立ちくらみ、めまい、失神
下肢障害 運動失調と筋緊張低下(80%)
歩行能力 中等度では車椅子使用可。
運動神経系 Parkinson症状(55%)
運動失調 運動失調と筋緊張低下(80%)
膀胱障害 排尿障害(100%)、失禁するものもある
直腸障害 排便障害(65%)
貧血症状 起立性低血圧(100%)
精神神経症状 物忘れ
高温 発汗低下(70%)により高温は避ける
身体活動 可能な限り日常活動を勧める。軽勤務。
長時間の正座や起立 不可
過労 避ける
注意事項 急に立ち上がらない。立つ時には弾性ストッキングを用いる。自動車の運転は避ける

一覧に戻る


ユニバーサル・ワーク・データベース(UWDB)