膿疱性乾癬 

英語名 Psoriasis Pustulosa
略称
区分 治療対象
就労実態情報 就労関連情報なし
日本の患者数 883
程度判定基準の有無 なし
病気の内容 無菌性の膿疱性病変。
サブタイプ
病因 (原因不明)
性差 ほとんど性差なし
発病年齢 小児期と30歳代にピーク
予後 難治性で再発を繰り返す。43%の患者で治癒、膿疱が減少、半数は予後不良。
生存率 全身衰弱や感染により死亡することもある。
入院の必要 原則的に入院
就労の条件 原則的に入院治療
皮膚 膿疱
全身症状 発熱、悪寒戦慄、全身倦怠
空気環境 上気道感染に注意
過労 症状の悪化につながる
精神的ストレス 症状の悪化につながる
日光 注意が必要
注意事項 酒やタバコも避けた方が無難

一覧に戻る


ユニバーサル・ワーク・データベース(UWDB)