重症急性膵炎 

英語名
略称
区分 治療対象
就労実態情報 就労関連情報なし
日本の患者数 999
程度判定基準の有無 3段階の重度判定基準
病気の内容 活性化されたトリプシンによる膵臓の自己融解に始まり、他の酵素も次々と活性化され、呼吸循環不全、腎不全、出血等で死に至ることがある。
サブタイプ
病因 アルコール39%、胆石17%、原因不明25%
性差 男性が2.61倍
発病年齢 40〜50歳代が多い
予後 急性期に救命されたものは社会復帰が可能となることが多いが、様々な膵機能障害を認め外来治療を必要とするものが多い。
生存率 重症例では死亡率18%、中等度以下では死亡率は低い
入院の必要 集中治療室の治療が原則であるが、寛解後は日常生活が可能
就労の条件 救命例では7割が以前と同じ職場に復帰。
注意事項 禁酒

一覧に戻る


ユニバーサル・ワーク・データベース(UWDB)