特発性間質性肺炎(肺繊維症) 

英語名 Idiopathic Interstitial Pneumonia
略称
区分 治療対象
就労実態情報 就労関連情報なし
日本の患者数 1774
程度判定基準の有無 動脈酸素分圧によるI〜IV度の分類
病気の内容 原因不明の進行性肺疾患、広汎は間質性肺炎が主体で後にびまん性間質性肺繊維症をきたす
サブタイプ
病因 原因不明
性差 男性が1.5倍
発病年齢 中年以降の発症が比較的多い。60歳代が最も多い。女性は20〜30歳が多い傾向がある。
予後 予後不良のことが多い
生存率 急性型では3ヶ月以内で死亡、慢性型では4〜5年で死亡。5年生存率36.6%、10年生存率22%。
入院の必要 まず入院、その後在宅酸素療法に
就労の条件 在宅酸素療法と両立可能なもののみ
上肢障害 (指先が太鼓のバチのように膨らむ)
呼吸器症状 咳、息切れで始まる
全身症状 発熱
寒冷 扇風機の風に直接あたらない等の注意
空気環境 喫煙は厳禁。在宅酸素療法を夜間、できれば24時間。清潔な空気環境。
身体活動 肉体活動の制限が何よりも重要

一覧に戻る


ユニバーサル・ワーク・データベース(UWDB)