網膜色素変性症  調査結果 

英語名 Pigmentary Retinal Degeneration
略称
区分 治療対象
就労実態情報 今回調査実施
日本の患者数
程度判定基準の有無 矯正視力と視野によるI〜IV度の分類
病気の内容 夜盲を主症状として始まり、極めて緩慢な経過で、次第に視覚機能の低下を招き、視野狭窄や視力障害を生ずることが少なくない。
サブタイプ
病因 遺伝性疾患(常染色体劣性遺伝、常染色体優性遺伝、その他)
性差 なし
発病年齢 幼少時が多い
予後 幼少時の発症では中年(40歳代)で高度の視覚障害が生じるが、成人してからの発症では晩年まで視覚機能が維持される
生存率 生命の危険はない。
入院の必要 なし
就労の条件 特になし
視力障害 幼少期に発症して進行した場合に、中年で失明する場合もある。初期から夜盲。
視野障害 徐々に視野の狭窄感が進行し、物にぶつかりやすくなる。
夜盲 発症時から、顕著である。
感音障害 合併することがある
運動失調 合併することがある
精神神経症状 合併することがある
日光 スキーや海水浴で過度の光線を浴びることを避ける。日常でサングラスを常用する。

一覧に戻る


ユニバーサル・ワーク・データベース(UWDB)