クロイツフェルト・ヤコブ病 

英語名
略称 CJD
区分 治療対象
就労実態情報 就労関連情報なし
日本の患者数 83
程度判定基準の有無
病気の内容 異常プリオン蛋白が病原として脳内で増殖し、脳が海綿状に変化する。痴呆症状が急速に進む。
サブタイプ
病因 異常プリオン蛋白の伝播(脳下垂体製剤、脳硬膜移植、角膜移植)、自然発症、遺伝的なプリオン蛋白遺伝子の異常。
性差 なし
発病年齢 50〜70歳代が多い。
予後 進行は速く、数ヶ月で無動、無言状態、1〜2年で死亡する。
生存率
入院の必要
就労の条件 就労は不可能
視力障害 初期症状で視覚異常
めまい 初期症状
言語症状 初期症状として言語障害
上肢障害 後期には筋肉の収縮
下肢障害 後期には筋肉の収縮
歩行能力 初期症状として、起立・歩行障害
運動神経系 不随意運動
運動失調 初期症状として、起立・歩行障害
精神神経症状 記憶障害、後期には痴呆
注意事項 寝たきり時には、床ずれに注意する
他者への感染防止策 患者の臓器、血液、脳脊髄液には触れない。

一覧に戻る


ユニバーサル・ワーク・データベース(UWDB)