シェーグレン症候群 調査結果 

英語名 Sjeogren's Syndrome
略称
区分 研究対象
就労実態情報 就労関連情報なし
日本の患者数 17000
程度判定基準の有無 なし
病気の内容 涙腺と唾液腺の分泌低下を特徴とする慢性炎症性疾患。乾燥性角結膜炎と口内乾燥が起こる。
サブタイプ
病因 (自己免疫機序?)
性差 女性が15倍
発病年齢 15〜60歳(平均45歳で40歳以上が多い)
予後 一般に良性で慢性の経過をとる
生存率 生命の危険はない。
入院の必要 なし
就労の条件 全身症状の消失後に軽勤務。
視力障害 視力低下を訴える例もある
食事の障害 口内乾燥。水分がないと食事ができない。
高温 避ける
空気環境 部屋を乾燥させない。
労働時間制限 翌日に疲労感が残る場合は仕事量を調節する。
日光 光が眩しい時はサングラスを使用
注意事項 部屋を乾燥させない。

一覧に戻る


ユニバーサル・ワーク・データベース(UWDB)