突発性難聴 

英語名 Sudden Deafness
略称
区分 研究対象
就労実態情報 就労関連情報なし
日本の患者数
程度判定基準の有無 なし
病気の内容 原因不明の突然の高度な感音障害。内耳の病変。一側性が9割。
サブタイプ
病因 ウィルス性の内耳聴神経炎、血管・血行障害、免疫反応性、内耳窓の破損などが考えれれている
性差 男性が1.2倍多い
発病年齢 50歳代にピーク
予後 治癒・軽快が1/3、不変1/3、その他・不明1/3
生存率 生命の危険はない。
入院の必要 入院の必要なし
就労の条件 初期は休業して安静。その後、就労可だが聴覚障害を有する。
感音障害 あり
めまい 伴う場合があるが、一過性。
身体活動 いきみや重いものの持ち上げを避ける
精神的ストレス 取り除く
騒音や振動 取り除く

一覧に戻る


ユニバーサル・ワーク・データベース(UWDB)