慢性膵炎 

英語名 Chronic Pancreatitis
略称
区分 研究対象
就労実態情報 就労関連情報なし
日本の患者数 13000
程度判定基準の有無 急性再発期と急性症状のない時期の2分類
病気の内容 上腹腹痛、圧痛が6ヶ月以上持続・継続する。
サブタイプ
病因 胆道疾患と長期間のアルコール大量摂取
性差 男性が2倍
発病年齢 40〜50歳代が多い
予後 1年〜10年間ほど罹病期間が続く
生存率 中等度や軽度では死亡率は低い
入院の必要 急性再発期には絶対安静〜安静臥床とする
就労の条件 急性症状のない時期
全身症状 悪心、嘔吐、食欲不振、るいそう、腹部膨満感、下痢、便秘
食事制限 禁酒、脂肪制限
過労 避ける
精神的ストレス 避ける
注意事項 症状に応じて食後1〜2時間の安静が望ましい。

一覧に戻る


ユニバーサル・ワーク・データベース(UWDB)