特発性ステロイド性骨壊死症 

英語名 Idiopathic Aseptic Necrosis of the Bone
略称
区分 研究対象
就労実態情報 就労関連情報なし
日本の患者数 3500
程度判定基準の有無 なし
病気の内容 原因不明の骨の血流障害による骨壊死。
サブタイプ
病因 原因不明(ステロイド投与による血液凝固性の亢進説、閉塞性血管炎説など)
性差 男性に遥かに多い
発病年齢 30歳前後〜50歳前後
予後 保存的な対症療法でもたせる
生存率 死亡例は少ない
入院の必要 手術の前後のみ
就労の条件 原則的に可。足を使う仕事は避ける。
下肢障害 股関節、大腿骨頭の疼痛。疼痛性跛行。両側罹患率が60〜65%。
歩行能力 ステッキや松葉杖を使った方がよい。
寒冷 全身保温に努める
身体活動 なるべく安静を心がけ、急激な動作や長途の歩行を避ける
長時間の正座や起立 脚を使うことをできるだけ避ける。
睡眠の必要 十分な睡眠
精神的ストレス 避ける
注意事項 禁煙、禁酒

一覧に戻る


ユニバーサル・ワーク・データベース(UWDB)