慢性肝炎  調査結果 

英語名 Chronic Hepatitis
略称
区分 その他の慢性疾患
就労実態情報 今回調査実施
日本の患者数 1200000
程度判定基準の有無 4段階の生活指導の手引き、Child分類(3段階)と作業能力評価表
病気の内容 6ヶ月以上、肝臓内炎症が持続
サブタイプ B型、C型
病因 ウィルス
性差 ほとんど性差なし
発病年齢 30歳代〜40歳代
予後 B型は入院の後1ヶ月で職場復帰となるが、急性増悪の可能性がある(肉体的労作や環境条件が誘因になることはない)。C型は20〜30年の経過の後に肝硬変に至り高率に肝細胞癌が発生する。
生存率 死亡例は少ない
入院の必要 増悪期のみ必要
就労の条件 緩解期には、健常者とほぼ同様の生活が可だが経過観察が必要。重労働は禁止。
肝臓症状 あり
全身症状 軽度の全身倦怠感、食欲不振、体重減少、脂肪嫌悪
身体活動 過激な運動を避ける
労働時間制限 平常勤務
睡眠の必要 8〜10時間が必要
過労 避ける。軽症では体力を著しく使う仕事は不可。軽度の増悪期には軽度勤務可の場合あり。
精神的ストレス 避ける
注意事項 定期的な検査が必要。
他者への感染防止策 HBs抗原陽性者では歯磨き用具、カミソリの扱い、創傷時の血液、分泌物、排泄物に注意

一覧に戻る


ユニバーサル・ワーク・データベース(UWDB)