慢性糸球体腎炎 

英語名 Chronic Nephritis
略称
区分 その他の慢性疾患
就労実態情報 患者団体の調査
日本の患者数
程度判定基準の有無 5段階の生活指導基準(ネフローゼと共通)、7段階の重症度分類と作業能力評価表。
病気の内容 糸球体に原発する障害が巣状からびまん性に広がる腎疾患。
サブタイプ
病因 原因不明
性差 ほとんど性差なし
発病年齢 幼児〜40歳代
予後 対症療法による症状の維持が中心。多くが透析適用となる。
生存率 死亡例は少ない
入院の必要 なし
就労の条件 じん臓機能障害者の基準を適用
じん臓症状 そのもの

一覧に戻る


ユニバーサル・ワーク・データベース(UWDB)