強直性脊椎炎  調査結果 

英語名 Ankylosing Spondylitis
略称 AS
区分 その他の慢性疾患
就労実態情報 今回調査実施
日本の患者数
程度判定基準の有無 3段階の生活指導の手引き
病気の内容 化骨性の炎症が、脊椎や四肢の大関節、脊椎の靭帯などを侵し、しばしば眼の紅彩炎や心伝導障害、大動脈弁閉鎖不全を伴う。
サブタイプ
病因 原因不明
性差 男性が5〜9倍(不全型は女性に多い)
発病年齢 15〜40歳
予後 婦人では緩慢な仙腸関節と脊椎関節の罹患に留まるものが多い。
生存率 生命の危険はない。
入院の必要 入院の必要なし
就労の条件 治療終了後からは、可能。
視力障害 視力減退、羞明、流涙、疼痛が1/4に見られ、稀に失明。
大関節 こわばりや痛み。運動制限。
呼吸器症状 胸部の拡張制限
過労 疲労が翌日に残らないようにする。
精神的ストレス ストレスの解消

一覧に戻る


ユニバーサル・ワーク・データベース(UWDB)