リピドーシス 

英語名 Lipidosis
略称
区分 その他の慢性疾患
就労実態情報 今回調査実施
日本の患者数
程度判定基準の有無 なし
病気の内容 脂質の代謝異常により、成長障害、運動障害(筋緊張異常、四肢その他の麻痺)、各種痙攣発作、知能低下、臓器(肝、脾)の肥大などの症状。
サブタイプ
病因 遺伝性、家族性
性差 性差なし
発病年齢 乳幼児期、小児期に発病する
予後 20歳以上になることは現在36例
生存率 15年で94%が死亡。平均して2年〜5年で死亡
入院の必要 医療処置のため症状の観察によって決める
就労の条件 就労はほとんど不可能
精神神経症状 成人型白質変性症では精神分裂病と誤診されることが多い。

一覧に戻る


ユニバーサル・ワーク・データベース(UWDB)