障害者職業総合センター
 
 

各種教材、ツール、マニュアル等

5 F&T感情識別検査及び表情識別訓練セット

(1)概要

 F&T感情識別検査は、「表情」や「音声」から、話し手の感情をどのくらい正確に読み取れるかを知るための検査です。他人とのコミュニケーションでは、相手が「何を言ったか」を聞き取るだけでなく、話し方や表情などから相手の感情を察することも必要です。しかし、知的障害者については、それがうまくできないために職場適応が阻害されている場合も少なくありません。このような状況を適切に把握するために用いる検査です。
  表情識別訓練セットは、感情識別検査の結果、言葉によらないコミュニケーションが苦手であることがわかった場合に、表情を見て幸福、悲しみ、怒り、嫌悪の4つの感情の識別ができる力を育てるための訓練プログラムです。顔の5つの部分(眉、目、鼻、口、しわ)に基本的な感情の特徴がどのように表れるかをわかりやすく、覚えやすい言葉で知ることを通して、意識的に「表情を使ったコミュニケーション」のルールを学べるというものです。

(2)構成

ア F&T感情識別検査
検査マニュアル1冊(回答用紙、評価用チェックシートを含む。)
評価用ビデオ1本(27分間)
イ 表情識別訓練セット
訓練マニュアル1冊(訓練記録用紙、記録用顔シート、訓練修了証を含む。)
訓練用顔写真20枚
『まめはくし』カード1枚
訓練用カード20枚
表情識別訓練セット

(3)作成年月

1999年3月

(4)関連する研究報告書

「知的障害者の非言語的コミュニケーション・スキルに関する研究-F&T感情識別検査及び表情識別訓練プログラムの開発-」 障害者職業総合センター調査研究報告書No.39


NIVR