障害者職業総合センター
 

各種教材、ツール、マニュアル等

27 地域就労支援における情報の取得と活用のガイドブック

1.概要

  本書は、障害者職業総合センター研究部門における「地域関係機関の就労支援を支える情報支援のあり方に関する研究(平成19〜20年度)」の成果として、地域関係機関の就労支援、地域連携、情報共有を一体的に支えるための情報支援ツールの一つとして、現時点での提案として開発したものです。 就労支援に必要な情報の概要と、適切な情報共有の方法と様式を示しています。

2.構成

はじめに
就労支援と情報
就労支援に関わる情報の範囲
情報の取得と活用のポイント
現場の声から(抜粋)
就労支援における情報の取得と活用
就労支援に必要な情報
 ※就労支援に必要な情報の取得と活用
地域連携による情報取得
 ※様々な就労支援の取組と情報取得
 ※関係機関での「就労支援」の取組
ケース会議等での情報共有
 ※連携とケース会議についての現場の声
 ※効果的なケース会議の取組
 ※労働分野の専門支援の重要性
関係者の共通認識のポイント
 ※共通認識の伝達
情報取得と活用のサイクル
総合的理解を助けるツール
 ※就労支援のシミュレーション・ツール
Q&A
適切な情報共有のために
情報共有と倫理的課題
情報の共同利用
説明と同意
包括同意と個別同意
情報管理の取組
Q&A
共通様式集の活用
就労支援のための共通様式
共通認識の形成と文書化
 ※様式2で確認できる共通認識の充実
個別アセスメントと文書化
職業生活全般の課題
機能障害や疾患
障害による活動上の課題と対処
個人因子:「人」の理解
仕事や職場のアセスメント
地域支援のアセスメント
Q&A
共通様式集
様式1 個人特定情報
様式2 本人、企業、支援関係者で共有する情報
様式3 支援実施の共通記録様式
様式3−1 ケース会議の記録
様式3−2 ケース会議の参加者からの支援状況の確認
様式3−3 参照すべき支援計画、資料等
様式4 障害のある人の専門的アセスメント
様式4−1 障害・疾患に関する医学的・心理学的情報(健康状態、心身機能)
様式4−2 生活自立と就労の状況(参加)
様式4−3 就業希望、興味、強み、対処スキル(個人因子)
様式4−4 活動領域別の課題と対処の可能性(活動)
様式5 事業所の専門的アセスメント(環境因子)
様式5−1 事業所の一般的情報(複数の就労支援に共通して使用可能)
様式5−2 職場環境整備の状況(環境因子):一人ひとりの就業支援に個別に作成
様式6 地域支援の専門的アセスメント(環境因子)

3.作成年月日

2009年3月

4.関連する研究報告書

「地域関係機関の就労支援を支える情報支援のあり方に関する研究」障害者職業総合センター調査研究報告書No.89

ガイドブックのダウンロード

就労支援と情報(PDF 8,002KB)
就労支援における情報の取得と活用(PDF 14,308KB)
適切な情報共有のために(PDF 10,616KB)
共通様式集の活用(PDF 14,477KB)
共通様式集(PDF 7,418KB)
ドキュメント形式での共通様式集(DOC 574KB)


NIVR