障害者職業総合センター
 
 

調査研究報告書NO.58

高次脳機能障害を有する者の就業のための家族支援のあり方に関する研究

執筆担当者(執筆順)

網川 香代子 (前障害者職業総合センター研究員

※平成16年4月現在、埼玉障害者職業センター勤務

(目的・方法)

 高次脳機能障害の場合、職業リハビリテーションを通じて習得した職務遂行のための補完手段等の定着を図るうえで、家族が本人の障害状況を認識、理解した上で本人を支えることが必要であり、専門家が家族に本人への適切な支援を促すことも重要となる。そこで、高次脳機能障害者の家族への支援内容、方法を具体化し、就業のための家族支援プログラムを開発することを目的としている。
 高次脳機能障害者の職業適応上の問題点に焦点をあて、職業リハビリテーションにおける家族支援の課題の検討を行った。具体的には、①先行研究、実践例等の分析・整理、②就業のための家族支援プログラムの試案作成、③試案の実施に基づく検討、を通して、家族支援のプログラムを作成した。

(結果の概要)

 職業リハビリテーションにおける家族支援として、3氏の事例を取り上げ、本人の障害認識、家族の障害理解を促すための支援と、本人の障害認識を深めるための家族の機能について検討した。
 家族支援の段階は、「情報収集」「課題把握・調整」「目標と課題の共有化」「本格的支援の実施」から構成された。「情報収集」「課題把握・調整」「目標と課題の共有化」は、家族に障害についての情報を与え、障害への理解を促すことから、「知識教育」と位置づけた。また、「本格的支援」での本人への補完手段の提示と活用、家庭でのホームワーク等は、「介入」と位置づけた。
 「職業リハビリテーションにおける本人の障害認識、家族の障害理解」の8つの過程を提案した:①知識として障害を知る、②日常生活や作業で現れる状況を障害と結び付け、③評価結果から、当事者の課題を理解する、④今後の職業リハビリテーションの目的を理解する、⑤適切な補完手段を活用(選択、支援)することができる、⑥障害を受け入れることができる(障害を客観的に観察することができる)、⑦障害を周囲の者に説明することができる、⑧補完手段を他の場面やよりよい方法に工夫して活用することができる。
 また、職業リハビリテーションにおける家族支援を円滑に行うために、①家族を本人の支援者に育てる視点が必要である、②本人の障害認識を深めると同時に、家族の障害理解を深めることが必要である。また、その取り組みは、職業リハビリテーションにおける初期段階で行うことが効果的である、③職業リハビリテーションの移行前の関係機関が、家族、本人に、職業リハビリテーションの目的、必要性を説明することは、効果的、効率的な職業リハビリテーションの実施において重要である(家族がその役割を担う可能性もある)、を明らかにした。

目 次

概要

第1章 高次脳機能障害者のリハビリテーションにおける家族支援

第1節 高次脳機能障害者と家族の現状
  1 高次脳機能障害者と家族を取り巻く状況について
  2 高次脳機能障害に関する情報について
  3 家族の取り組みとニーズについて-家族からのヒアリング-

第2節 高次脳機能障害者の家族支援
  1 専門家による家族支援の取り組み-専門家からのヒアリング-
  2 これまでの家族支援プログラムについて
  3 職業リハビリテーションにおける家族支援の現状と課題

第2章 職業リハビリテーションにおける家族支援

第1節 職業リハビリテーションにおける家族支援の考え方
  1 障害認識・障害理解の定義
  2 職業リハビリテーションにおける家族支援の段階
  3 職業リハビリテーションにおける本人の障害認識、家族の障害理解の過程

第2節 職業リハビリテーションにおける家族支援の実際~3つの事例をとおして~
  1 職業リハビリテーションサービスを利用して復職を目指したAさんと家族の事例
  2 職業リハビリテーション機関利用前から家族の障害理解が良好で、就職に結びついたBさんと家族の事例
  3 職業リハビリテーション機関利用時に本人の障害状況を把握したCさんと家族の事例

第3節 家族支援を行った事例からの検討
  1 本人の障害認識と家族の障害理解について
  2 職業リハビリテーションに要した期間の違いについて
  3 家族の役割について

終 章 職業リハビリテーションにおける家族支援プログラム

第1節 高次脳機能障害者の家族支援について
  1 職業リハビリテーションにおける家族支援の方法について
  2 職業リハビリテーションにおける家族支援の効果について

第2節 職業リハビリテーションにおける家族支援を円滑に行うために

第3節 今後の展望

資料(インテーク票)
資料記入例(インテーク票)

報告書をダウンロード

報告書をダウンロードできます。下記をクリックしてください。(PDFファイル)

第1章 (PDF 540KB)
第2章 (PDF 1,119KB)
第2章 第2節 2 (PDF 1,032KB)
終章 (PDF 949KB)


NIVR