障害者職業総合センター
 

調査研究報告書NO.79

高次脳機能障害者の雇用促進等に対する支援のあり方に関する研究−ジョブコーチ支援の現状、医療機関との連携の課題−

執筆者担当者(執筆順)

田谷 勝夫 障害者職業総合センター主任研究員

サマリー

調査研究報告書の概要についてはサマリー(PDF 98KB)をご覧下さい。

目次

概要
第1章 高次脳機能障害者支援の展開
第1節 高次脳機能障害者支援の背景と新しい流れ
1.高次脳機能障害者の社会的認知
2.高次脳機能障害支援モデル事業
3.高次脳機能障害支援普及事業
第2節 職業リハ領域における高次脳機能障害者支援の動向
1. 障害者職業総合センターの取り組み
(1)職場復帰支援プログラム
(2)職業準備訓練
2.広域障害者職業センターの取り組み
(1)国立職業リハビリテーションセンター
(2)国立吉備高原職業リハビリテーションセンター
3.地域障害者職業センターの取り組み
(1)ジョブコーチ支援事業とは
(2)高次脳機能障害者に対するジョブコーチ支援
第3節 本研究の目的
第2章 障害者職業総合センターの利用者実態
第1節 はじめに
第2節 目的
第3節 方法
1. 調査方法
(1)研究協力依頼
(2)調査項目
2.対象者
第4節 結果
1. 背景情報と各種検査結果からみた障害特性
2.地域障害者職業センターへの来所経路と転帰
3. 総合センター利用者にみる高次脳機能障害支援モデル事業の影響
第5節 まとめ
第3章 地域障害者職業センターの利用者実態
第1節 はじめに
第2節 目的
第3節 方法
1. 調査期間
2. 調査対象
3. 調査項目
(1)質問1:高次脳機能障害者利用状況
(2)質問2:JC支援実施者
第4節 結果
1.回収状況
2.高次脳機能障害者利用者数
3.地域センターを利用する高次脳機能障害者の全体的特徴
(1)個人特性
(2)来所時の状況
(3)医療情報
(4)職業情報
4.地域センター利用者に占める高次脳機能障害者の割合
5.JC支援を受けた高次脳機能障害者の特徴
(1)個人特性
(2)利用目的と来所経路
(3)医療情報
6.JC支援の実際
(1)JC支援期間
(2)JC支援内容
<本人支援>
<事業所支援>
<家族支援>
(3)JC支援結果
7.転帰
8.JC支援を通じて浮かび上がった今後の課題
第5節 平成14年度と平成16年度の利用実態比較
1.はじめに
2.比較検討
第6節 まとめ
第4章 地域障害者職業センターJC支援事例ヒアリング
第1節 はじめに
第2節 目的
第3節 方法
1.調査対象
2.調査方法
3.調査期間
4.ヒアリング項目
(1)回答者について
(2)高次脳機能障害者支援の実際
(3)高次脳機能障害者のJC支援一般に関して
(4)貴センターの高次脳機能障害者支援実績について
(5)医療機関との連携について
第4節 結果
1.回答者について
(1)担当カウンセラー
(2)カウンセラーが提示した事例の障害特性
(3)担当ジョブコーチ
(4)ジョブコーチが提示したケースの障害特性
(5)JC支援事業の対象となっている高次脳機能障害者の障害特性
2.支援の実際
(1)本人支援
(2)事業主支援
(3)家族支援
3.高次脳機能障害者のJC支援一般に関して
(1)担当事例のJC支援成功のポイント
(2)他のケースも含め、JC支援で苦心した点
(3)他の障害と比較して高次脳機能障害者のJC支援のポイント
(4)医療機関との連携について
第5節 まとめ
第5章 医療機関における高次脳機能障害者支援の実態
第1節 はじめに
第2節 目的
第3節 方法
1.調査対象
2.調査方法
3.調査期間
4.調査項目
第4節 結果
1.病院・部署について
(1)調査票の配布と回収状況
(2)リハ医療機関の属性
(3)施設設置基準
(4)回答者
(5)常勤専門職の配置
(6)高次脳機能障害者利用実績
2.高次脳機能障害者支援
(1)対応の可能性
(2)支援内容
(3)退院/退所後の関連機関との連携状況
3.地域障害者職業センターとの連携
(1)地域センターとの連携の現状
(2)地域センターに求める役割
(3)地域センターとの連携支援の動向
(4)地域センターとの情報のやり取り
(5)地域センターへの個人情報の提供
(6)地域センターから求められる役割
(7)地域センターとの連携に関する課題・要望等
第5節 まとめ
第6章 総括
付録
1.地域センターアンケート調査用紙
2.地域センターヒアリング項目
3.医療機関アンケート調査用紙
4.アンケート調査協力医療機関一覧

報告書をダウンロード



NIVR