障害者職業総合センター
 

調査研究報告書NO.82

職業リハビリテーションにおける課題分析の活用に関する研究

執筆担当者(執筆順)

加賀信寛 障害者職業総合センター主任研究員 概要、第3章、第4章、第5章、資料
位上典子 障害者職業総合センター研究員 第1章、第2章、第3章 第4章、資料
小松まどか 障害者職業総合センター研究員 第3章、第4章、資料

サマリー

調査研究報告書の概要についてはサマリー(PDF 4,017KB)をご覧下さい。

目次

概要
第1章 研究の背景・目的、及び方法
第1節 研究の背景及び目的
第2節 研究の方法
第2章 『Task Architect』について
第1節 Task Architectの概観
第2節 Task Architectの機能
1.テンプレート
2.課題の入力方法
3.課題に関する情報の記録
4.プラン作成
5.分析結果の表示
第3章 課題分析の活用状況とTask Architectの活用手法
第1節 課題分析の活用状況に係る調査
1.手続き
2.結 果
3.まとめ
第2節 Task Architectを用いた課題分析の提案
1.職業リハビリテーション場面に即したテンプレート改変の必要性
2.業務の把握のための課題分析〜『basic_JP』を用いた活用事例
3.業務の把握及び作業内容の整理のための課題分析
〜『Timelines template_JP』を用いた活用事例
4.作業内容の整理のための課題分析
〜『Human error assessment template_JP』を用いた活用事例
第4章 Task Architectの試行状況について
第1節 職業相談における活用
1.職務内容に対するイメージ促進のための活用事例
2.障害の開示・非開示に対する理解促進のための活用事例
第2節 職場適応指導における活用
1.安定出勤を促していくための活用事例
2.補完手段としてのTask Architect活用提案事例
第3節 ジョブコーチ支援における活用
1.ジョブコーチ支援における事前支援での活用事例
2.ジョブコーチ支援における職務創出のための活用事例
第5章  まとめ
第1節 Task Architectを活用するメリット
第2節 職業リハビリテーション場面におけるTask Architectの活用可能性と課題について
引用・参考文献
資料

報告書をダウンロード



NIVR