障害者職業総合センター
 

調査研究報告書NO.87

障害者雇用にかかる「合理的配慮」に関する研究−EU諸国及び米国の動向−

執筆担当者(執筆順)

指田 忠司 障害者職業総合センター 研究員 序章、終章
引馬 知子 田園調布学園大学 准教授 第1章
川島 聡 東京大学大学院経済学研究科 リサーチフェロー 第2章
石川 球子 障害者職業総合センター 主任研究員 第3章
澤邉みさ子 東北公益文科大学 准教授 第4章
廣田久美子 九州大学大学院法学府博士課程 第5章
川口 美貴 関西大学法科大学院 教授 第6章
朝日 雅也 埼玉県立大学 教授 終章

サマリー

調査研究報告書の概要についてはサマリー(PDF 282KB)をご覧下さい。

目次

概要
序章 研究の目的と方法
1 研究の背景と目的
2 研究の方法
3 研究課題
第1章 EU地域の「障害」に関わる均等法政策の複層的な展開と合理的配慮
1 はじめに
2 EUにおける合理的配慮規定とその特徴
3 EU法における障害に関わる均等(差別禁止)規定とそのEU加盟国への導入
4 雇用均等一般枠組み指令における合理的配慮に関わる規定
5 合理的配慮関連規定の履行における専門家グループの見解
6 合理的配慮関連規定のEU加盟国内への導入における多様性
7 EU障害者雇用・就業施策と合理的配慮
8 おわりに
第2章 障害者権利条約における障害差別禁止と合理的配慮
1 はじめに
2 条約採択までの経緯
3 合理的配慮規定の交渉過程
4 障害差別・合理的配慮と国家の義務
5 おわりに
第3章 米国における障害差別禁止と合理的配慮をめぐる動向
1 米国における障害差別禁止法の動向
2 米国における障害者の合理的配慮の諸法規
3 米国における障害者の合理的配慮に関する諸施策
4 展望
第4章 英国における障害差別禁止と合理的配慮をめぐる動向
1 英国における障害者差別禁止法の動向
2 「合理的調整」義務
3 英国における「合理的調整」をめぐる諸施策
4 「合理的調整」をめぐる紛争解決手続きの動向
5 課題と展望
第5章 ドイツにおける障害差別禁止と「合理的配慮」をめぐる動向
1 ドイツにおける障害差別禁止法の動向
2 ドイツにおける「合理的配慮」をめぐる諸法規
3 ドイツにおける「合理的配慮」をめぐる諸施策
4 判例の動向
5 課題と展望
第6章 フランスにおける障害差別禁止と「合理的配慮」をめぐる動向
1 フランスにおける障害差別禁止法の動向
2 フランスにおける「合理的配慮」をめぐる諸法規
3 「合理的配慮」の内容と諸施策
4 「合理的配慮」をめぐる紛争解決システム
5 フランス法の特徴と課題・展望
終章 研究のまとめ
1 雇用・就業分野における障害差別禁止法制の意義
2 合理的配慮を取り巻く諸課題
3 今後の課題(わが国における検討に向けて)

報告書をダウンロード

報告書をダウンロードできます。下記をクリックしてください。(PDFファイル)

表紙、概要(PDF 348KB)
第1章(PDF 701KB)
第2章(PDF 750KB)
第3章(PDF 1,658KB)
第4章(PDF 558KB)
第5章(PDF 597KB)
第6章、終章(PDF 1,075KB)
 


NIVR