障害者職業総合センター
 

調査研究報告書NO.90

精神障害者に対する就労支援過程における当事者のニーズと行動の変化に応じた支援技術の開発に関する研究

執筆者

小池 磨美 障害者職業総合センター 研究員
小松 まどか 障害者職業総合センター 研究員

サマリー

調査研究報告書の概要についてはサマリー(PDF 511KB)をご覧下さい。

目次

概要
第1章 研究の背景と目的
第1節 背景
1 精神障害者の就労と就労支援の現状
2 関係機関の就労支援の状況
3 就労支援のプロセス
4 就労支援ノウハウの共有化の必要性
第2節 目的
第3節 分析の視点

第2章  方法
第1節 修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ(修正版M-GTA)について
1 概要
2 本研究において修正版M-GTAの分析手法を取り入れた理由
第2節 本研究の方法
1 調査対象者
2 調査方法
3 分析方法
4 信頼性と妥当性について

第3章 結果と考察
第1節 統合失調症者の就労支援の展開
1 分析の背景
2 結果
3 考察
第2節 就労支援における支援者の支援行動について
1 分析の背景
2 結果
3 考察
第3節 統合失調症者の意思決定と支援行動の関係
1 分析の背景
2 結果
3 考察
第4節 まとめ
1 循環する複合的な支援プロセス
2 支援者と当事者の協働による支援の展開
3 支援プロセスとしての共通性

第4章 総合考察
第1節 本報告書における研究上の意義
第2節 実践への応用
1 就労支援の動きを理解するための活用
2 共通理解を図るための材料としての活用
3 これまでの支援の振り返りと再認識のための活用
4 それぞれの機関における支援プロセスに応じた改変
5 協働作業を通した信頼ある関係性の構築
第3節 本研究の限界と今後への期待

引用・参考文献

報告書をダウンロード

報告書をダウンロードできます。下記をクリックしてください。(PDFファイル)

まえがき、目次、概要(PDF 386KB)
第1章(PDF 576KB)
第2章(PDF 1,305KB)
第3章(PDF 6,909KB)
第4章、引用・参考文献(PDF 801KB)
 


NIVR