障害者職業総合センター
 

厚生労働省による難病の雇用管理のための調査・研究

厚生労働省:難病の雇用管理のための調査・研究(2007年3月)
 厚生労働省の「難病の雇用管理のための調査・研究会」において実施された難病患者の雇用管理・就労支援に関する実態調査結果等の分析をもとに、難病のある者の雇用管理上の指針と事業主向けのQ&Aが作成された。詳しくは以下のとおり。

・ 難病の雇用管理のための調査・研究会報告書(PDF 394KB)

・ 難病のある人の雇用管理・就業支援ガイドライン

表紙、目次(PDF 392KB)
T. 難病のある人にやさしい職場と地域づくり(PDF 568KB)
U. 疾病別ガイドライン
ペーチェット病 〜 サルコイドーシス(PDF 4,573KB)
特発性血小板減少性紫斑病 〜 ビュルガー(バージャー)病(PDF 3,128KB)
クローン病 〜 原発性胆汁性肝硬変(PDF 3,363KB)
特発性大腿骨頭壊死症 〜 網膜色素変性症(PDF 2,727KB)
神経線維腫症T型 〜 自己免疫性肝炎(PDF 3,073KB)
脊髄小脳変性症 〜 再生不良性貧血(PDF 2,319KB)
V. 疾患に共通する基礎知識や環境整備の内容(PDF 1,217KB)

・ 難病(特定疾患)を理解するために〜事業主のためのQ&A〜

表紙、目次(PDF 1,904KB)
1 難病とは(PDF 2,965KB)
2 難病のある人に企業が配慮すべき理由 〜 3 採用(PDF 4,419KB)
4 働き続けてもらうための配慮 〜 5 障害者雇用制度との関係(PDF 5,094KB)
事例紹介(PDF 1,702KB)
資料(PDF 6,047KB)



NIVR