障害者職業総合センター
 
 

資料シリーズNO.2

Fountain House方式のクラブハウスモデルと過渡的雇用プログラム

執筆担当

高木 美子 障害者職業総合センター 統括研究員

目次

はじめに
  1. Fountain House とは
    1. 職業前デイプログラム(pre-vocational day program)
    2. 過渡的雇用プログラム(transitional employment)
    3. 夜間・週末プログラム(社交的プログラム)
    4. 住居対策
    5. 中古品再生販売店経営
    6. 研修

  2. Fountain House 方式のクラブハウス
    1. クラブハウスの現状
       (1)クラブハウスの規模
       (2)基盤と経済的状況
       (3)活動状況
       (4)クラブハウス・モデルの基準等
    2. クラブハウス・モデルの基準(standars)
       (1)基準の基本的なことに関して
       (2)改正案に関して
       (3)個別条項に関して

  3. 過渡的雇用
    1. 過渡的雇用の発展過程
    2. 過渡的雇用の原則と実際
       (1)過渡的雇用の原則
       (2)過渡的雇用の進め方
       (3)過渡的雇用で関係者が遂行しなければならない事項
       (4)過渡的雇用の具体的職種
       (5)過渡的雇用の変形例
    3. 過渡的雇用に対する評価
       (1)過渡的雇用の効果調査結果
       (2)事業主の評価
    4. 過渡的雇用に対する批判とそれに対する回答
    5. 過渡的雇用と援助付き雇用との関係

  4. クラブハウスの実際
    1. Gateway House
    2. New Day Clubhouse

おわりに
引用文献
付録Ⅰ 第6回クラブハウス・モデルに関する国際セミナーのプログラム
付録Ⅱ クラブハウス・モデルの基準(1991年8月22日現在)

報告書をダウンロード

報告書をダウンロードできます。下記をクリックしてください。(PDFファイル)

目次~Ⅰ Fountain Houseとは(PDF 958KB)
おわりに(PDF 1,472KB)


NIVR