障害者職業総合センター
 
 

資料シリーズNO.8

新技術と障害者雇用

目次

序言
第Ⅰ部 序論
第1章 我々の課題(モンロー・バーコウィッツ、H.アラン・ハント)

1.1 本報告書の概要

第2章 背景と状況(H.アラン・ハント、モンロー・バーコウィッツ)

2.1 ILO/RIプロジェクトの第1期

2.2 技術と障害者雇用‐第2期

第Ⅱ部 障害者のための新技術訓練プログラム
第3章 英国における障害者のための新技術訓練プログラム(ポール・コーンズ、マイケル・フロイド,ジョージ・ベッケンフォード)

3.1 最近の変化

3.2 目的

3.3 手順

3.4 結果

3.5 結論

第4章 西欧4 カ国における視覚障害者の雇用に対する新技術の影響(ローレンスA.スキャデン)

4.1 伝統的雇用に対する新技術の影響

4.2 新技術によって創出された雇用機会

4.3 新技術の訓練プログラムの不足

4.4 公的政策の効果

4.5 公的部門と民間部門との協調の必要性

4.6 新技術と盲人の役割

4.7 要約と勧告

第5章 伝統的リハビリテーションセンターの障害者に対する先端技術職業の訓練能力に関連する要因(マイケルJ. リーヒー、ロバート・レネウェイ)

5.1 方法

5.2 結果

5.3 考察

5.4 結論

第Ⅲ部 新アクセス技術と障害者雇用
第6章 職業生活における障害者のためのコンピューター利用技術:総合的アプローチ(ヤン・ブレディング、ウルフ・ケイジャー)

6.1 プロジェクトの背景

6.2 プロジェクトの組織

6.3 プロジェクトの現状‐事例研究

6.4 今後の課題

第7章 日本における障害者の雇用に対する新アクセス技術の貢献(岡田伸一、八藤後猛)

7.1 日本における新アクセス技術の基本的傾向

7.2 新アクセス技術利用の事例

7.3 結論

7.4 付録

第8章 イスラエルにおける新技術と障害者雇用(エマニエル・シジエール)

8.1 コンピューター技術

8.2 技術情報と相談へのアクセス

8.3 補助機器

8.4 結論

第Ⅳ部 新技術の訓練を受けた障害者の就職斡旋と雇用
第9章 先進4カ国における新技術と障害者雇用(ジャック・ダワン)

9.1 障害者の就職斡旋と雇用

9.2 結論

第10章 リハビリテーションにおける新技術:ハンガリーの将来見通し(ギオルギー・コンクツェイ)

10.1 いくつかのハンガリーの職業リハビリテーション制度の基本的特徴

10.2 リハビリテーションにおける新技術の事例

10.3 終わりに

第Ⅴ部 我々の学んだこと
第11章 結論と勧告(モンロー・バーコウィッツ,H.アラン・ハント)

11.1 障害者にとっての新技術の意味

11.2 障害者のための新技術訓練プログラム

11.3 新アクセス技術と障害者の雇用

11.4 新技術の訓練を受けた障害者の就職斡旋と雇用

11.5 政府の可能な役割

11.6 結論

報告書をダウンロード

報告書をダウンロードできます。下記をクリックしてください。(PDFファイル)

新技術と障害者雇用(PDF 958KB)


NIVR