障害者職業総合センター
 
 

資料シリーズNO.39

就職困難な若年者の就業支援の課題に関する研究

執筆担当:(執筆順)

小泉 哲雄 障害者職業総合センター 統括研究員 序、おわりに
小杉 礼子 労働政策研究・研修機構 統括研究員 第1章
津富  宏 静岡県立大学国際関係学部 准教授
特定非営利活動法人青少年就労支援ネットワーク静岡理事長
第2章
東條 吉邦 茨城大学教育学部 教授 第3章

概要

 「発達障害のある若者の職業ガイダンス研究会」を設置し、「就職困難な若年者の就業支援の課題」に関する議論を行った結果を取りまとめたもの。ここでは、まず、現代の若者が置かれている職業環境について、雇用施策にアクセスしがたい層との関連で検討した。そのうえで、無業状態にある若者を支援する機関の現状を踏まえ、支援の在り方と課題を検討し、発達障害のある当事者の支援ニーズと就労準備の課題について検討を加えた。以上を踏まえ、障害者対策と若年対策の連携の必要性や在り方等につき、提言を行った。

目次

第1章 若者の就業問題の現状と課題
  1. はじめに
  2. 若者の就業状況の変化と現状の概観
  3. ニート問題

    (1)ニート問題への関心と導入の経緯

    (2)ニートの定義と増加傾向

    (3)ニート状態の若者の特徴と増加の背景

    (4)ニート状態と世帯収入

  4. 日本のこれまでの若者就業支援

    (1)日本の若者雇用対策

    (2)若年無業者対策としての若者自立塾・若者サポートステーション

  5. イギリスの若者支援政策との比較から見える問題

    (1)イギリスの若者支援策

    (2)日英の比較から見る日本の政策の課題

引用・参考文献

第2章 就労支援機関における支援の課題
  1. 若年者就労支援機関の対象者のもつ何らかの障害

    (1)発達障害との関連について

    (2)精神障害との関連について

    (3) データが示唆すること

  2. 障害者就労支援から、若年者就労支援への、就労支援ノウハウの移転
  3. 就労支援対象者の処遇困難度: 内閣府調査

    (1)困難度の次元性

    (2)就労支援機関のタイプによる困難度の差

  4. 伴走型就労支援: 就職支援から就労支援へ
  5. 就労支援機関の課題

    課題1 伴走型支援の制度化

    課題2 支援対象者のアセスメント力の強化

    課題3 就労体験先や雇用主との連携

    課題4 支援者の力量の向上

    課題5 ネットワークの強化

    課題6 エビデンスに基づく支援の提供

  6. 将来の課題: 予防こそ解決

    付論:若年者就労支援機関を訪れる、障害を持つ可能性がある若者の障害の受容と対処文献

第3章 発達障害のある若者に対する支援の課題……就労準備教育をめぐって……
  1. はじめに −発達障害と特別支援教育−
  2. 発達障害児の後期中等教育並びに高等教育の現状と課題
  3. 当事者本人の視点からみた就労支援と教育の課題

    (1)就労準備教育としての特別支援教育

    (2)家庭で行う就労準備教育

    (3)当事者にとって望ましい就労のあり方とは

    (4)職場環境に適応するには

    (5)就労をめぐる現状と問題点

  4. おわりに
引用・参考文献
おわりに
  1. 研究会の活動

    (1) 若者就業支援機関の利用者に関するヒアリング調査

    (2) 職業リハビリテーションに関する情報提供の在り方に関するヒアリング

  2. 発達障害者の就業支援を考えるにあたっての留意事項

    (1) 第1章から第3章で示された内容

    (2) 発達障害者の就労支援の観点から見た課題

作成年月日

2008年3月

報告書をダウンロード

報告書をダウンロードできます。下記をクリックしてください。(PDFファイル)

表紙、目次、序、第1章(PDF 864KB)
第2章(PDF 987KB)
第3章(PDF 1,140KB)
おわりに(PDF 715KB)


NIVR