障害者職業総合センター
 
 

資料シリーズNO.55

広がる知的障害者のパソコンデータ入力業務

執筆者

岡田 伸一 障害者職業総合センター 特別研究員  

概要

 パソコンデータ入力業務に従事する知的障害者が徐々に増えている。そこで、その具体的な業務内容を調査した結果、17事業所から30あまりの業務事例が収集された。その内容は多岐にわたり、知的障害者の新規採用や職域拡大を検討する企業に対して示唆に富む情報を提供するものである。

目次

要旨
第1章 はじめに
第1節 研究の背景と目的
第2節 方法
第2章 各種パソコンデータ入力業務
第1節 名刺や製品シールなどの作成業務
第2節 アンケートや契約書などの入力業務
第3節 請求書や納品書の発行業務
第4節 人事に関連した業務
第5節 書類や図面の電子化業務
第6節 銀行・保険に関わるパソコンデータ入力業務
第7節 その他のパソコンデータ入力業務
第3章 事業所の取り組み
第1節 横河ファウンドリー株式会社
第2節 日本パーソネルセンター株式会社
第3節 株式会社トランスコスモス アシスト
第4節 ちばぎんハートフル株式会社
第5節 第一生命チャレンジド株式会社
第6節 SMBCグリーンサービス株式会社
第4章 おわりに
 1 業務について
 2 雇用管理面について
 3 アビリンピックについて
資料
資料1 事業所のパソコンデータ入力業務の状況一覧
資料2 お伺いしたい事項(ヒアリング事項)
資料3 パソコンデータ入力競技の概要
資料4 問い合わせ先一覧

報告書をダウンロード

報告書をダウンロードできます。下記をクリックしてください。(PDFファイル)

全文(PDF 1,916KB)


NIVR