障害者職業総合センター
 
 

「地域の障害者就労支援の役割分担・連携ワークショップ」共催募集のお知らせ


1.趣旨・目的
 近年、障害や疾病のある人たちの就労支援ニーズの高まりに応じて、各地で自立支援/総合支援協議会、就労支援セミナー等が実施され、地域の関係者が就労支援の在り方を確認し、地域事情や社会資源を踏まえた関係機関の連携・役割分担について検討する機会となっていることと存じます。
 そのような取組をより効果的に促進するため、障害者職業総合センターでは、平成28年に全国の地域関係者・専門職の実態調査を行い、就労支援に関わる地域関係者における共通認識として特に確認しておく必要のある内容を「障害や疾病のある人の就労支援の基礎知識〜誰もが職業をとおして社会参加できる共生社会に向けて」(以下「基礎知識」)としてまとめました。
 そこで、このたび障害者職業総合センター研究部門(社会的支援部門)では、この「基礎知識」を活用した役割分担・連携ワークショップについて、各地域の取組の一環として共催していただける機関・法人等を募集します。

2.役割分担・連携ワークショップの概要
 ワークショップは、地域の保健医療、福祉、教育、労働等の関係分野や企業関係者等が、障害者就労支援の共通目標や支援のポイントを確認した上で、各地域の状況に合わせ、それぞれの視点や専門性を活かした役割分担や連携の在り方の建設的な検討をグループワーク形式で行います。進め方や内容は、各地に合うようにご相談させていただきます。

○第1部 「基礎知識」を踏まえた講演(60分程度)
参加者には「基礎知識」を無料配布し、障害者職業総合センターの担当者が講演を行います。

○第2部 グループワーク(60〜90分程度)
ブレインストーミングやKJ法を使って、楽しみながら、役割分担・連携の在り方について建設的に共有できるように、障害者職業総合センターの担当者が全体進行します。(必要な模造紙、付せん、サインペン、まとめシート等のツールも提供します。)

3.共催としてお願いしたいこと
 ・ワークショップのプログラム案(日時[今年度中]、場所、参加者、等)のご提案
 ・ワークショップの会場のご提供・ご準備(会場借り上げ費について要相談)
 ・参加者等の調整・連絡等

4.応募方法・問い合わせ先
 別紙「ワークショップ共催 応募用紙」(WORD 31KB)により、電子メール又はFAXでご応募下さい。
 応募先・問い合わせ先:障害者職業総合センター研究部門(社会的支援部門 担当:春名)
 電子メール:ssdiv@jeed.or.jp
 FAX: 043-297-9057

5.応募締め切り、共催先の決定
平成29年10月2日(月)17:00を応募締め切りとして、1週間以内を目途として結果をご連絡します。


NIVR