(ここから、本文です。)

職業リハビリテーション研究・実践発表会

職業リハビリテーションに関する調査研究や実践の成果を広く周知するとともに、参加者の間で意見交換、経験交流等を行うことにより、我が国における職業リハビリテーションの質的向上と障害者の雇用の促進に資することを目的として、毎年、職業リハビリテーション研究・実践発表会を開催しています。

高齢・障害・求職者雇用支援機構内外から多くの関係者が参加し、障害者職業総合センターの研究成果のほか、広域・地域障害者職業センター、公共職業安定所、福祉・教育・医療関係機関・施設等での様々な取り組みや、企業での雇用事例などについての発表が行われます。また、併せて有識者による講演やパネルディスカッションが行われます。

「第27回職業リハビリテーション研究・実践発表会」特別講演の様子を撮った写真。「中小企業だからこそ実現できる障害者雇用を考える~障害者のキャリアラダーを検討する~」というテーマについて、ビルド神保町の松原未知氏よりご講演いただいた。
特別講演
「第27回職業リハビリテーション研究・実践発表会」口頭発表第6分科会の様子を撮った写真。「職場復帰支援」というテーマについて5題の発表があり、参加者は熱心にメモをとったり、質問をしたりと、関心の高さが窺えた。
口頭発表
「第27回職業リハビリテーション研究・実践発表会」ポスター発表の様子を撮った写真。37題の発表があった中、発表者と800人近い参加者の間で活発な意見交換が行われ、会場内は熱気に包まれた。
ポスター発表

研究・実践発表会の発表論文等につきましては「発表論文集」としてとりまとめております。また、過去の論文集につきましても多少の在庫がございます。ご希望の方にはお送りいたしますので、E-mailにて必要内容(例.「第12回の論文集を1部」)、理由(簡単で結構です。)と送付先(郵便番号、住所、氏名、電話番号等)をご明記いただき、下記までご連絡下さい。

お問い合わせ先
障害者職業総合センター研究企画部企画調整室
E-mail:kikakubu@jeed.or.jp TEL.043-297-9067